呼吸を使った健康法

健康にやさしい呼吸方法

トップ

モーニング

呼吸法による健康法について 

呼吸法による健康法を実践すると、余計な体の中の体内脂肪などを効率的に燃焼でき、体が活性化される場合が多くなっています。費用もかからず、いつでも、どこでもできるようなものが多いので、実践しやすいというメリットもあります。基本的には深く、長く、強い、呼吸ができるように練習すれば良いです。健康法の本を参考にして、好きなものを実践すれば良いでしょう。ただし、効果がでない場合には間違った実践方法をしている場合もあるので、専門家などに見てもらうようにすると良いでしょう。ヨガのインストラクターなどは呼吸法に詳しいので、適切なアドバイスをもらえるはずです。

リラックスのための呼吸法 

心身の健康を考えたときに有効かつ簡単な方法として呼吸法が挙げられます。臨床心理学の現場ではリラクゼーションとしてパニック障害や不安障害、または不眠といった緊張を伴う人への有効な方法としてよく使用されている方法です。人間は緊張すると自律神経の中でも交感神経が活発に働くようになり、呼吸が浅く速くなります。いわゆる肩や胸で呼吸している状態といえるでしょう。これにともない、緊張や不安が同時に喚起されるようになるのです。このような緊張状態から脱出し、リラックスした状態に戻るためには腹式呼吸をすることが有効です。7秒程度で息を吸い込み同じ速さで息を吐き出します。このとき、胸ではなくお腹が膨らんだりへこんだりするよう意識することが重要です。心身の健康に呼吸は密接に関わっていると言えるのです。

呼吸法に関する情報

新着情報